赤ちゃんの世話で不眠症となり漢方薬の睡眠導入剤を服用

女性が妊娠をしますと体にも様々な変化がみられるようになるのですが、そのなかでも睡眠がよくとれないということが起こります。
なぜならば赤ちゃんは、昼と夜が反対になって過ごしていることが多いからであります。
昼間にはよく眠っているのですが、夕方くらいになりますと泣き始めるわけです。
それは深夜にまでおよびミルクが欲しいのかとあげても泣き止みませんし、抱っこをしてあやしても泣き止むことはないのです。
これには母親も困ってしまい、途方にくれるということになります。
それでも何とかして赤ちゃんの機嫌を直してあげることが先決であり、悪戦苦闘しながら夜は更けていくのです。
そんな毎日が、どれくらい続くでしょうか。
どうかすれば、2か月も3か月も寝られない日々が続くわけです。
そうしますと母親は不眠症となり、解決法をみつける必要がでてきます。
通常ですとそこで睡眠導入剤を飲めば解決にいたることができるのですが、母乳をあげている母親にとって睡眠導入剤の服用は抵抗があるのものです。
赤ちゃんへの影響を考えますと、安易に睡眠導入剤を飲めないとします。
そこで授乳中でも安心して飲める、漢方の睡眠導入剤に近いものを薬局で販売してもらうことができます。
漢方であれば自然のものですから、母乳中でも赤ちゃんへの影響を心配せずに服用できるというわけです。
その主とする漢方薬は、自然のハーブを用いてつくられた体にやさしい成分であります。
睡眠導入剤のような即効性は期待できませんが、副作用などの心配がいらない点も安心できるということになります。
そのように授乳中には、不眠症に陥る場合が多いですから対策として自然のものを使いながら改善を図っていくことができます。

トップページへ