睡眠導入剤が効かないのは、耐性ができてしまう為

多くの人がそれぞれに大きな原因をもって精神的な負担を受けてしまい、不眠症に苦しめられるようになっています。人にとって唯一の心身を共に休めて活力につなげることができる睡眠が障害されてしまうことはそれ自体が大きなストレスとなり、それを悩みとしてさらに不眠症が悪化していってしまうということも珍しくありません。そのため、不眠症の治療ではその原因を取り除く治療を行うということも重要視される一方で、睡眠導入剤を処方することによって眠れないことへのストレスを軽減するというのが基本的な治療として行われています。
現代において用いられている睡眠導入剤の共通点として、中枢神経系に抑制的に働きかけることによってその活動レベルを低下させ、それが意識レベルの低下につながり、睡眠が誘導されるというメカニズムを利用しています。古くはバルビツール酸系の睡眠導入剤が用いられ、近年ではより重篤な副作用が少ないベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が用いられるようになりました。そのメカニズムにこそ違いはあるものの、こういった共通点があることから共通の特徴も有しています。中枢神経系に働きかけることからその効果は高く、睡眠導入の効果を強く実感することができます。しかし、だんだんと睡眠導入剤が効かないという状況に陥っていってしまうのです。これは人がこういった睡眠導入剤に対して耐性を獲得していってしまうからであり、飲む量を増やさなければ効果が得られないという状況になってしまいます。薬の量を増やせばそれだけ副作用のリスクも高まることからその増量にも限界があります。そのため、異なるメカニズムによる睡眠導入剤の開発が精力的に進められてきています。

■安眠したいならこの薬
睡眠導入剤 通販

トップページへ